ホワイトニングは歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と、自分で行う「ホームホワイトニング」の2つに大別されます。

「オフィスホワイトニング」使う薬剤は濃度が高く、国家資格を持つ歯科医師や歯科衛生士が必ず取り扱わなければなりません。

「ホームホワイトニング」は、安全な低濃度の薬剤を使用してご自身で行う方法です。

安全性は「ホームホワイトニング」が断然高いですが、まれに海外品など安全性に乏しいものもあります。

では、「パールクチュール」の安全性はどうなのか?

また、副作用などの危険性はないのかについて調べましたのでお話します。

 

<目次>
1.パールクチュールの安全性について

2.パールクチュール 副作用はどうか?

パールクチュールの安全性について

パールクチュールの安全性はどうでしょか?

まず、配合されている成分を紹介します。

 

<パールクチュール 全成分>

水、ソルビトール、グリセリン、PEG-8、含水シリカ、三リン酸5Na、セルロースガム、キサンタンガム、ヒドロキシアパタイト、ラウロイルグルタミン酸Na、キシリトール、クエン酸Na、酸化チタン、マイカ、グリチルリチン酸2K、乳酸桿菌溶解質、デキストリン、パール、メントール、香料、エタノール、フェノキシエタノール

全成分を見る限り、パールクチュールには危険な成分は含まれていませんし、衛生的に使えるので安全性の高い製品と言えます。

パールクチュール 虫歯でも大丈夫?

ホワイトニングの歯磨粉には研磨剤が入っていて、その歯磨き粉を使うと、かえって虫歯を悪化させてしまうといいます。

ですから、ホワイトニング効果のあるパールクチュールを使うと逆効果だと思っている人もいるようですが、パールクチュールには、研磨剤や歯の成分を溶かす成分は配合されていません。

パールクチュール使って、むし歯は悪化しません。

普段使っている歯磨き粉と同じように使えばいいのです。

また、むし歯の時に、普通の歯磨き粉を使って歯がシミることがありますよね。

パールクチュールでも同じで、悪化している虫歯での使用すると、歯がシミることがありますので、歯科医で治療してからご利用ください。

また、当然ですが、パールクチュールだけでは虫歯は治りません。

 

パールクチュール 知覚過敏にはどうか?

知覚過敏になると、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたったりすると歯がシミて痛いです。

パールクチュールは。その痛い症状は改善できませんが、パールクチュールには、炎症を抑える成分や、口内を清潔にする成分が配合されています。

パールクチュールを使うことで、口内を清潔し、雑菌を繁殖させないことで、歯のシミや痛みを改善させるはずです

2,3日使ってみて改善しなければ歯医者の方に診察してもらってください。

以上のことから、パールクチュールは、知覚過敏にも使用できるということになります。

初回特別60%OFFキャンペーン!「パールクチュール」トクトク定期コース 購入はこちら >>

パールクチュール 副作用はどうか?

では、パールクチュール 副作用はどうか?

副作用というか、使うと何らかの障害が起こる場合があるのかについて調べてみましたのでお話します。

パールクチュール 子供の使用

パールクチュールを子供が使用すのはどうなのか?

ホワイトニングの歯磨き粉は、子供が使うのは避けた方が良いとよくいわれます。

あれは、ホワイトニングには研磨剤が入っていて、子供がそれを使うと、大人の永久歯に比べて柔らかい乳歯を傷つけてしまうからです。

しかし、パールクチュールには研磨剤や、副作用を起こす成分は配合されていませんので、子供でも安心して使用できます。

パールクチュール 妊娠中や授乳中の使用

パールクチュールの妊娠中や授乳中の使用は問題ないでしょうか?

公式サイトのQ&Aに記載されている内容

Q:妊娠ですが使用しても大丈夫ですか?

A:特に問題ございません。もし心配なら医師の相談の上、ご使用ください。

上記から察すると、パールクチュールは妊娠中や授乳中の方でも使用できる落ちうことになります。

 



このページの先頭へ